Mouse without Borders 複数のパソコン間でマウス / キーボード を共有する


以前、一組のマウスとキーボードで複数のPCを操作するためのフリーソフトで「Input Director」を紹介した。
類似のソフトはいくつかある。「Input Director」の欠点は、複数PCで使えるのがマスターPCのマウスとキーボードに限定されていること、マスター側のPCが停止中に、スレーブ側のPCを操作するとPCの反応が鈍くなり「クリップボードへのコピーを失敗」というメッセージが出てしまうことである。マスターPCが動作していなくともスレーブ側がクリップ動作をしてしまい、応答を待つためだ。
このためには、スレーブ側の「Input Director」を無効化しなければならず、つまらない手間がかかる。

紹介する「Mouse without Borders」は同様のマウスとキーボードを複数のPCで共有するMaicrosoft純正のフリーソフトだ。
使ってみたら「Input Director」より軽く、クリップボードへのコピー失敗のメッセージが出ない表示されない。

使い方は簡単で、公式サイトからダウンロードして、共有で操作するPCにそれぞれインストールする。
そして、インストール後にそれぞれのPCで「Mouse without Borders」を起動する。次のような画面が表示される。

ここで、マスター側にするでは「NO」を選んでクリックする。
そうすると、スレーブ側PCに設定するセキュリティコードとマスターPCのPC名が表示される。

スレーブ側PCで「Mouse without Borders」を起動すると先ほどの、「Yes」「NO」の画面が表示されるのでこちらは「Yes」を選ぶ。
そうすると、マスター側PCで表示されたセキュリティコードとPC名を入力する画面が表示される。

入力後に、接続中の画面に変わる。

リンクが成功すると、次の画面になる。

次の画面は接続後の設定画面だ。

細かい設定は各画面を見て頂きたい。「k本的に無料ソフト・フリーソフト」や「窓の杜」に詳細な説明があるので参考のこと。

安定して使えるのが魅力だ。是非、使ってみて頂きたい。

−関連サイト−

  1. Mouse without Borders 公式サイト
  2. Mouse without Borders - k本的に無料ソフト・フリーソフト
  3. 窓の杜 - 「Mouse Without Borders」