box.net iPhoneまたはiPadアプリのbox.netで無料容量が50GBに(期間限定)


 box.netというオンラインストレージが通常5GBまで無料なところを、12月2日までの期間限定でiPhoneiPadアプリのbox.netをインストールして登録すると50GBの容量を無料で使えるようになる。さらに、アップロードできるファイルサイズも最大25MBから100MBに拡張される。
 という訳で早速自分のiPhoneにbox.netをインストールして登録して50GBをゲットした。アプリから登録後にブラウザからbox.netにログインすると50GBの容量が確保されていた。登録は実に簡単であるが、ここを参考に。
 box.netの既存ユーザーの場合でも、iPhoneiPadアプリから登録すると50GBの容量に増加するとのこと。なお、Webからの登録では50GBの容量はゲットできない。必ず、iPhoneiPadアプリから登録すること。

 ログイン後は英語表示であるが、アカント設定でタイムゾーンGMT+9:00 Asia/Tokyoと言語を日本語に変更すると表示が日本語になる。フォルダー名にも日本語が使える。
 このbox.netはDropboxのようにファイルの共有が出来るだけでなく、ブラウザからログインするとGoogle DocやGoogle Spreadsheetを新規作成できる。

 box.netはWebDAVという通信方式を使っているのでWindowsの仮想ドライブとして使用できるはずであったが、やってみると上手く行かない。
 そこで以前紹介したGladinetというアプリを使ってbox.netをWindowsの仮想ドライブとして使ってみたところ正常に使用できた。これで、50GBの容量を快適に使うことができる。
 Gladinetはバージヨン3.0になって、ローカルフォルダをバックアップする機能が追加された。

 これまで紹介したオンラインストレージの無料容量の最大はWindowsのSky Driveは25GBであるが、期間限定とはいえ50GBとはかなり太っ腹なサービスである。iPhoneiPadをお持ちの方は是非どうぞ。
 box.netもGladinetも無料ライセンスは非商用利用に限定されているでの注意されたい。

ー関連サイトー
■ Box.net | Online file sharing, content management, collaboration
■ 「Box.net」では12月2日まで50GBのアカウントが無料でもらえます! : ライフハッカー[日本版]
■ Box.netが無料で50GBのオンラインストレージに!! iPhoneアプリBox.netダウンロード必須
■ Web上でOfficeファイルの編集もできる「Box.net」を使う:オンラインストレージの使い方 有料編
■ GLADINET - Cloud Storage Access Platform & Solutions
■ Google Storageを使ってDropbox的なバックアップ・フォルダ同期ができる『Gladinet 3.0』

ー関連記事ー
■ Gladinet Cloud Desktop 各種オンラインストレージを仮想フォルダで使える便利なツール