CRM ちょっと待て!高価なCRMを導入する前に 無料で使えるCRM

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
お正月でしばらくお休みしていましたが、今日から再開です。

さて、年明けに紹介するフリーソフトオープンソースCRMである。CRMとは、IT用語辞典によれば次のように解説されている。

CRMとは、情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化をはかることを目的としている。』IT用語辞典より

つまり、CRMとはお客様と良い関係を築くための手法のことであり、此処で紹介するのはその手法に使用するツールである。
なんかややこしいが、要するにCRMソフトは盛り沢山な営業支援ツールである。(間違っていたらゴメンナサイ)

CRMソフトは、Salesforce等各ベンダーが商用パッケージを出しておりひじょう数が多い。

ただし、高機能故に結構高額なライセンス料である。

高機能が故にうまく使うと大変効果があると思われるが、このようなツールを使いこなすには社内の業務オペレーションをきちんを見直しして、業務改革を並行して行わなければならない。


まっ、情報システムは高度になればなるほどそうなのであって、現状の業務処理や利用する各人のITスキルを十分見直さないで導入して失敗する例が多い。

CRMも例外でなく、あり余る機能を使いこなせなくて、単なる顧客管理や営業日報、メール配信システムになっているケースがあると聞く。


正直言って、CRMは高機能でかつサーバーに導入が必要であるため、このブログのターゲットである小規模組織に紹介するのに相応しいソフトであるか迷った。が、高度と言っても購買データ分析まで入っていないし、何せフリー(無料)であり、ネットにデモサイトもあるのでCRMを知るための入門として参考にいいのではと思い紹介することにした。

今日紹介するのは、ともにPHPで開発されたオープンソースの二つCRMである。

(1)SugarCRM

SugarCRMはオープンソース版とProという商用版がある製品である。40言語に多言語化しており、日本語化もしている。開発言語はPHPで、データベースはMySQLを試用する。PHP,Apche,MySQLが使えればどんなOSでも動作する。
当然のことながらPro版の方が機能が高いが、オープンソースでリリースした世界初のCRMであり、おそらくオープンソースCRMとしては最も普及していると思われる。商用版の国内代理店は、オープンソースCRM株式会社オープンソース版についての国内コミュニティとしてSugarForum.jp が日本語ドキュメントや各種情報、デモサイト等を提供している。オープンソース版のダウンロードもSugarForum.jp からできる。
オープンソース版の主な機能は、次である。プロ版はこれにレポート、モバイル、営業日報やチーム管理、商品カタログ、見積り、契約等が追加される。
■パーソナルホームページ
■キャンペーン
■Eメールマーケティング
■アクティビティ管理
■リード(見込み客)
■コンタクト (取引先担当者)
ダッシュボード
■商談
■アカウント (取引先)
■ケース
■バグトラッカー
■プロジェクトマネージメント
■Eメールクライアント
■共有カレンダー

また、オープンソースIP-PBXIP電話交換機)であるAsteriskと連携できるので、電話がかかってくるとSugarCRMの顧客情報を検索して画面に表示できる。つまり、ユーザーサポートや顧客窓口等のシンプルなコールセンターシステムを格安で構築できる。

−関連サイト−
SugarForum.jp | SugarCRMの日本語コミュニティポータル
「SOHOや個人で活用するには」等、日本語で解説している。
デモサイトSugarForum.jp
商用版との機能比較SugarForum.jp
Asterisk SugarLookup
IP-PBXであるAsteriskとの連携についての解説


(2)vtiger CRM

vtiger CRMはSugarCRMから派生してできたインド製のオープンソースCRMである。SugarCRMほどではないが多言語対応しており、有志により日本語化パッケージが配布されている。商用版はなく、オープンソース版のみ。
SugarCRMのオープンソース版より高機能であり、基本的なCRM機能のほかに、見積、請求書の発行などの販売管理、在庫管理があり、会計システムはないがほとんどERPに近い機能を持っている。SugarCRMと同様にIP-PBXAsteriskとの連携可能。
SugarCRMが営業中心であるのに対し、vtiger CRMは販売中心で狙いが異なるので、目的により使い分けると良い。
実際に商品やサービスを販売する実務に使うならば、vtigerがお勧めである。
ただし、実際の利用にあたっては、見積りや請求書のフォーマットを自社のスタイルにカスタマイズしたいと要求があると思われる。また、住所の並びも日本と逆で欧米スタイルなので、そのまま使うと見積書等の印刷出力では逆になってしまう。日本語版では修正して欲しいところである。
が、オープンソースなのでカスタマイズは可能である。ちょっと格好悪いが、住所は番地欄にまとめて入力することで住所の順番の問題は回避はできる。
vtigerCRMのライセンスはMozillaベースなので、vtiger上に独自の商用アプリケーションを作成し、なおかつアプリケーションのソースコードを「非開示」にすることも可能とのこと。
有償サポートは、株式会社五橋研究所合同会社オープンマインドが行っている。


−関連サイト−
vtiger CRM 日本語化プロジェクト
日本語化パッケージと日本語マニュアルを配布している。クイックインストールガイドもあり、とても簡単にインストールできる。
導入時の際は必須。日本語化パッケージの導入の際は、『5.0.x 言語パック導入ガイド』を必読のこと。
コニュニティの有志でメニューやメッセージの日本語化と日本語印刷機能の改造を行ってくれました。本当に感謝です。
vteger CRM デモサイト : 株式会社五橋研究所
デモサイトだけでなく有償サポートも行っている。
合同会社オープンマインド
有償サポートとクラウドサービスを予定とのこと


(3)XAMPP

PHPで開発されたサーバにインストールするソフトの動作環境をセットするのは煩雑な作業である。それを一発で簡単にセットアップしてくれるのがXamppである。
Windows版もあるので、簡単にインストールできる。上記のソフトをサーバーだけでなくデスクトップのWindowsPCに導入するときはこれを使うことをおススメする。
XAMPP for Windows : ダウンロードサイト

<<関連記事>>
ZoHo CRM 3ユーザまで無料で使えるSaaS型CRM(オンラインの顧客データ管理ソフトウェア)